title_geka01

HOME > 教育・研究活動紹介 > 研究内容一覧 > 消化器外科学
 公開講座 各種受賞 特色ある活動 グローバル人材育成推進事業 医学教育分野別認証制度による外部評価

1.研究概要

 大学院医歯学総合研究科において、以下の二つの分野に分かれ、両分野で専門性の高い研究が行われている。両分野が協力することで腫瘍外科学と機能再建医学とが融合した研究もおこなわれている

  • 1)分子細胞医学専攻/遺伝子制御/腫瘍外科学分野
  • 2)生体機能調節医学専攻/機能再建医学/消化器・一般外科学分野

2.臓器別研究グループ

  • 肝胆膵グループ
  • 上部消化管グループ
  • 下部消化管グループ
  • 乳腺・内分泌外科・外科代謝・栄養グループ

3-1.肝胆膵グループの研究テーマ

  • 肝胆膵悪性腫瘍におけるDNA damage responseに関する研究(研究成果参照)
  • 大腸癌肝転移における肝内微小転移に関する研究(研究成果参照)
  • 肝胆膵悪性腫瘍における抗がん剤耐性機序および抗がん剤増感作用に関する研究
  • 肝移植・膵移植の実践と免疫学的研究

3-2.上部消化管グループの研究テーマ

  • 術後早期再発危険因子を有する食道癌に対する介入的研究(研究成果参照)
  • 食道癌における化学放射線療法を併施した集学的治療に関する臨床試験(2件)
  • 洗浄細胞診陽性胃癌に対する胃切除の予後に与える影響に関する研究
  • 食道浸潤胃癌に対する経裂孔的アプローチによる下部食道切除・下縦隔リンパ節郭清に関する研究
  • 消化管間質腫瘍(GIST)の遺伝子多型と分子標的薬に関する臨床試験(5件)・治験(4件)

3-3.下部消化管グループの研究テーマ

  • 大腸癌に対する内視鏡的治療・腹腔鏡下切除の根治性とQOLに関する研究
  • 潰瘍性大腸炎に対する肛門機能温存術と術後排便機能とQOLに関する研究
  • da Vinci Siサージカルシステムを用いた直腸切除の有効性とQOLに関する研究
  • ヒト消化管における水チャンネル(AQ8・AQ9)に関する研究

3-4.乳腺・内分泌外科・外科代謝・栄養グループの研究テーマ

  • 甲状腺癌に対する甲状腺亜全摘術の安全性と有効性に関する研究
  • Minimally Invasive Radio-guided Parathyridectomy (MIRP)の有用性に関する研究
  • 癌化学療法時の免疫調整栄養剤投与の有用性に関する研究

4.研究の成果

[分野] 肝胆膵悪性腫瘍(腫瘍外科学)

[研究テーマ] 胆管癌におけるDNA damage responseに関する研究

[内容]
 「胆管切離断端が術中迅速組織診断で癌陽性の場合には、浸潤癌陽性か上皮内癌陽性かの鑑別が重要である」ことを提唱し、American Cancer Societyから世界初の報告であると認められ、CANCER 2005;103:1210-6に掲載されました。
また、胆管切離断端に遺残した上皮内癌における53BP1を介した早期DNA損傷修復応答の破綻とアポトーシスの減少が局所再発に関連していることを解明し、Int J Oncol 2011;38:1227-36および胆道 2010;24:667-74に掲載され、2010年日本胆道学会賞を受賞しました。
さらに、J Hepatobiliary Pancreat Sci 2013;20:362-369に掲載された論文が2013年度日本肝胆膵外科学会学会賞を受賞しました。

[写真など]

図
sp sp

[分野] 肝胆膵悪性腫瘍(腫瘍外科学)

[研究テーマ] 大腸癌肝転移における肝内微小転移に関する研究

[内容]
 大腸癌肝転移からのリンパ行性再転移(remetastasis)が存在することを明らかにし、肝臓の深部リンパ管網が肝所属リンパ節転移への主要な経路であることを解明しました。この研究は、42nd World Congress of the International Society of Surgeryにおいて学会賞を受賞し、Ann Surg Oncol 2007;14:3472-80に掲載されました。
大腸癌肝転移における肝内微小転移に対する1cmマージンの意義を解明し、8th World Congress of the IHPBAにおいて学会賞を受賞し、Ann Surg Oncol 2008;15:2472-81に掲載されました。

[写真など]

図

肝切離マージン2 mmで急速にrisk reductionされ、その後はマージンが増すごとに死亡のリスクはなだらかに減少していくことを解明した。

sp sp

[分野] 食道癌(腫瘍外科学)

[研究テーマ] 術後早期再発危険因子を有する食道癌に対する介入的研究

[内容]
 当グループでは壁内転移を有する食道癌の予後は不良であることを報告してきた(図)。究極の外科治療である3領域郭清を伴う食道切除後においても、術後1年以内の早期再発死亡の唯一の危険因子は壁内転移であり、外科治療の限界と考えられることをAnn Surg Oncol 2011;18:2961-7に報告した。壁内転移陽性食道癌は現状の治療体系では治癒困難な病態であり、新たな治療戦略の確立を目指して介入的研究を実施している。

[写真など]

図

Group1は壁内転移陽性食道癌
Group2は壁内転移陰性食道癌

sp sp

sp
sp