新潟大学医学部医学科

HOME > 医学部長(医学科長)からのメッセージ

「社会から求められる医学部」を目指して

医学科長医学部長・医学科長
染矢俊幸

sp

 新潟大学医学部医学科のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 本学医学科は、開学より百余年にわたり、医学教育・研究を推進してきました。その歴史を紐解くと、官立新潟医学専門学校として創立された1910年(明治43年)に遡ります。1922年(大正11年)には、6番目の国立大学医学部として官立新潟医科大学に昇格、1949年(昭和24年)に現在の新潟大学医学部となりました。2年後の2020 年には創立110周年を迎えますが、卒業生は一万人を超え、世界レベルで活躍している研究者・医師を多数輩出してきました。私たちはそうした伝統に誇りを持ち、これからも着実に新しい歴史を築いていかなければなりません。

sp

−新しい医学部医学科へ向けて−
 新潟大学医学部医学科は、これまで学部や大学院の組織整備、優れた人材の確保、国際基準に沿った医学教育の認証評価や新カリキュラムの整備、国際交流事業の強化など、医学科の改革を積極的に進めてきました。しかし、こうした努力が追いつかないほど、国内のすべての大学を取り巻く環境はますます厳しくなっています。
 私たちは今、大学が置かれているこの難局をむしろ新展開へのチャンスと捉え、「社会から求められる医学部」の新しい姿を真摯に模索しなければなりません。医学部が持つポテンシャルを医療水準の向上や新潟発のイノベーション創出に繋げ、科研費などの研究助成金だけでなく、広く社会からの財政支援を積極的に獲得していくことも必要です。医学部と医歯学総合病院の連携協力はますます重要になり、協力して臨床研究中核病院の承認を目指すことも喫緊の課題です。次の時代へと本学医学科を発展させていくために、こうした多くの課題に日々向き合い、その解決・改善に向けて努力したいと思います。

−未来への若い力を育てるために−
 医学科では、「医学を通して人類の幸福に貢献する」という教育理念のもと、若い医療人、医学者の育成に努めてきました。この理念に基づいて、以下の6つの教育目標を掲げ、あらゆる医療の専門領域(臨床領域、医学研究、医学行政)に進めるよう、医療人にふさわしい知識、探究心、教養、人間性を備えた人材を育成することのできる環境を整えています。

 1.豊かな人間性と高い倫理性を備え、全人的医療に貢献できる人材の育成
 2.高度の専門性を持つ医療チームの一員として貢献できる人材の育成
 3.広い視野と高い向学心を有する医学研究者・教育者となり得る人材の育成
 4.保健、医療、福祉、厚生行政に貢献できる人材の育成
 5.地域の医療に貢献するとともに、国際的に活躍できる人材の育成
 6.探求心、研究心、自ら学ぶ態度を生涯持ちつづける人材の育成

 医学部医学科は、地域社会において医療機関や医師会、行政機関などさまざまな社会資源と連携しながら、臨床医学はもちろん予防医学にも力を入れ、地域医療、保健、福祉の向上に貢献しています。また、海外にも活動を展開し、欧米はもちろん、中国、ロシアなど環日本海の国々やミャンマー、マレーシアなどアジアの国々との医学・医療交流も活発です。夏にはinternational student weekとして、学生有志による日中・日露医学生交流が行われています。さらに欧米やアジアでの医学研究実習、英国等における臨床実習などの機会も用意されています。
 新潟大学医学部医学科で学ぶ学生には、こうした新潟の恵まれた環境で最先端の高度医療と地域医療を学び、かつ世界を見据えて志を高く掲げ、切磋琢磨し、医学・医療を通して社会に貢献できるプロフェッショナルを目指していただきたいと願っています。

−医学の未来を見つめて−
 新潟大学は医学部医学科とともに大学院医歯学総合研究科を擁しています。
 本学の研究活動は、脳神経や腎臓の研究をはじめ、がん、循環器、消化器、細胞生物学、感染症など、多くの分野で将来性のある成果を生み、国際的にも高い評価を受けています。それらの成果の一部は、新潟大学医学部医学科のホームページで紹介していますので、ぜひご覧ください。
 また医学生の皆さんには、医学部医学科で学んだ後、ぜひ大学院医歯学総合研究科で研究に取り組んでいただきたいと思います。研究に取り組むことは、臨床医になる上でもとても重要な多くのことを学ぶ機会になるのです。

−最後に−
 大学の使命は、教育、研究、社会貢献にあることはいうまでもありません。新潟大学医学部医学科が重点を置くべきは、新潟という地域に目指した活動とともに、世界に伍する力を養い、世界を目指した活動を展開していくことです。
 競争と評価という大きな社会の流れの中、今まさに、私たち自身が将来への展望と実現への道筋をしっかりと描いていく時期を迎えています。厳しい状況ではありますが、夢のある未来を果敢に模索し、誇りを持って勉学や研究に打ち込める新潟大学医学部医学科、愛され信頼される新潟大学医学部医学科を目指したいと思います。

sp
sp
sp