新潟大学医学部医学科

HOME > 大学院志望のみなさんへ > 修士課程案内 > 教育研究分野一覧
 修士課程案内 博士課程案内

修士課程案内に戻る

新潟大学大学院医歯学総合研究科 医科学専攻(修士課程)教育研究分野一覧

※ e-mail は「niigata-u.ac.jp」の表記を、Tel は「025(市外局番)−227(局番)」の表記を省略しています。(連携大学院先端分子病態学分野を除く。)

教育研究分野

指導教員(教授)

教育研究内容

肉眼解剖学
Tel:2045

佐藤 昇
お問い合わせはこちらから

・末梢神経系の解剖学とその形成に関する研究
・遺伝子改変動物モデルを用いた中枢神経系の機能解剖学
・形態形成における比較解剖学とその進化的考察
・生体への遺伝子導入法の開発・改良

神経生物・解剖学
Tel:2053

竹林浩秀
お問い合わせはこちらから

・神経系の発生・生後発達の神経生物学的研究
・神経幹細胞から特異的ニューロン・グリア細胞を産み出すメカニズムの解析
・RNA制御を介した神経系細胞機能の解析
・再生医学による神経難病克服を目指した基礎研究
・神経変性疾患モデル動物の病態解析
・高次脳機能を担う神経回路の解析
*当分野では、神経系の発生・発達のメカニズム、神経難病の病態解析などの神経科学研究を行っています。修士学生が、自分で出した実験結果を学会や論文により発表し、ディスカッションできるようになることを目指して指導します。詳しくは研究室ホームページを参考にしてください。

顕微解剖学
Tel:2058

牛木辰男
お問い合わせはこちらから

・細胞と組織の構造機能解析とイメージング
・走査型プローブ顕微鏡(原子間力顕微鏡や走査イオン伝導顕微鏡)の医学生物学応用
・電子顕微鏡法、特に走査電子顕微鏡法の開発と医学生物学応用

神経生理学
Tel:2068

長谷川 功
お問い合わせはこちらから

ヒトは、馬に翼の生えたペガサスという怪物を、たとえ一度も見たことがなくとも頭の中で空想することができます。このような高次の知的能力が脳のどのようなはたらきによってもたらされるのかは、人類にとって深遠なる謎です。人間自身の知性の源を、実験で検証可能な仮説におきかえて、一歩一歩、科学的に解明することがわたしたちの研究目標です。この目標を実現するため、ヒトに近縁のサルで脳の高次機能に独自の切り口で迫るための動物モデルを開発し、また脳の広い範囲に網をかけるようにして張りめぐらせるための電極をつくりました。これらのアプローチにより、脳と知性の根源的な謎を探求しながら、一方で脳の中の情報を読みとって意思伝達の困難な患者を支援する革新的医療機器の開発も目指しています。研究室では、動物実験、工学、臨床医学など多様な分野の専門家が一堂に会して、日々切磋琢磨しています。バックグラウンドは問わず、『知性をもたらす脳』の神秘に挑む熱意のある人を歓迎します。研究テーマは次のとおりです。
・視覚イメージを生みだす脳の謎
・文字は脳の中でどのように処理されるのか?
・意図を読みとる脳回路の動態と自閉症での病態
・光によって脳活動を操作する技術の開発

分子生理学
Tel:2071

日比野 浩
お問い合わせはこちらから

・内耳聴覚機能を支える特殊体液の電気生理学的研究
・内耳体液環境と聴覚感覚細胞の生理連関の計算科学的解析
・音入力によって内耳に生ずる振動現象の研究
・内耳機能が立脚するタンパク質や糖鎖などの網羅的同定とそれらの意義の理解
・難聴を惹起する遺伝子改変動物の解析と病態生理連関の解明
・理工学の先端技術を駆使した器官機能・薬物動態の生体内計測装置の新規開発

分子生物学
Tel:2077

小松雅明
お問い合わせはこちらから

オートファジーは、大規模な細胞内タンパク質分解経路である。本分野では、高等動物におけるオートファジーの病態生理学的研究を世界に先駆けて推進してきた。現在、本分野では基礎、臨床分野との共同研究のもと下記の課題を中心に研究を展開している。
・選択的オートファジーの分子機構の解析
・オートファジーの高次機構の解析
・ヒト疾患(特に肝疾患、肝がん)とオートファジーの異常
・細胞内タンパク質修飾システムUfm1システムの細胞内制御機構の解明
・Ufm1システムの異常とヒト遺伝性発達障害

分子細胞機能学
Tel:2083

五十嵐道弘
お問い合わせはこちらから

・神経成長・再生とシナプス形成に関与する生化学的研究
・細胞外基質の細胞・臓器機能に関する研究
・神経成長円錐の機能に関する分子レベルの研究
・神経伝達と細胞内輸送の分子機構の研究
・脳機能と再生に関するシグナル伝達の研究

分子薬理学
薬理学
Tel:2090

問合せ先
准教授 村瀬真一
お問い合わせはこちらから

・高次中枢機能(感情・疼痛・摂食・多幸感)における神経ペプチドの役割
・薬物による遺伝子転写制御の研究と転写因子
・摂食調節に関わる神経遺伝子転写の研究と肥満
・遺伝子転写制御因子の蛋白相互作用に関する研究
・神経ペプチド、神経栄養因子受容体の分子薬理学
・記憶・神経分化の分子神経生物学
・循環器系作用薬の分子作用機序に関する研究

実験病理学
Tel:2102

近藤英作
お問い合わせはこちらから

・がん細胞とがん制御遺伝子の分子病理学研究
・悪性腫瘍の病理組織学的研究
・新規病理診断技術の開発研究
・ナノ制がん医療技術の開発研究

細菌学
Tel:2050

松本壮吉
お問い合わせはこちらから

・細菌の病原性や生命現象の解明
・感染病原体に対する体をまもるしくみ(免疫)の解析
・感染症や難病に対するワクチン開発や創薬
・アジアやアフリカにおける感染症の調査と国際協力

ウイルス学
Tel:2115

藤井雅寛
お問い合わせはこちらから

・ウイルス性神経疾患の発症機構
・ストレス応答の分子機構
・ウイルス性白血病の発症機構
・ウイルスの感染から放出までの分子機構
・ウイルスに対する宿主応答の分子機構
・ウイルス病発症に関与する宿主因子の研究
・抗ウイルス薬に関する研究

社会・環境医学
Tel:2124

中村和利
お問い合わせはこちらから

・慢性疾患の予防医学研究を行っています。具体的には下記のテーマの研究が現在行われていますが、これら以外のテーマの研究も行うことは可能です。
・村上地域を中心とした加齢性疾患予防の大規模コホート研究(認知症、骨粗鬆症性骨折、膝関節症、身体機能低下、慢性疼痛など)
・認知症予防のためのオミックス研究(プロテオミクス研究など)
・胆のうがんの国際分子疫学研究(ペルー、ボリビア、チリ、インド)
・ビタミンD・カルシウムの疾病予防効果に関する研究
・環境医学、産業医学

国際保健学
Tel:2129

齋藤玲子
お問い合わせはこちらから

・国際保健
・インフルエンザウイルス感染症の治療効果、ウイルスの検出(ウイルス分離・培養、PCR)、進化の解析(遺伝子解析)、薬剤耐性インフルエンザの検出(薬剤感受性試験)
・インフルエンザ・ワクチンの効果
・RSウイルス感染症の分子疫学、地域における伝播解析
・海外のインフルエンザの調査(ミャンマー、マレーシア、レバノン、ベトナムなど)
・J-GRID「ミャンマーにおける呼吸器感染症制御へアプローチ」
・呼吸器ウイルスの検出
・GIS(地理情報システム)地図を用いた感染症の伝播解析(インフルエンザやRSウイルスの地理的伝播経路の解析)
・GISを用いた地域のソーシャルキャピタル(地域のつながり・幸福度)と健康の評価
・GISを用いた福島県南相馬市における放射能汚染地図の作成
・GISを用いた地域における高齢者の介護・医療の評価
・地域医療計画

免疫学・医動物学
Tel:2133

片貝智哉
お問い合わせはこちらから

・マウスを用いた免疫細胞と機能分子の解析
・リンパ節や脾臓を中心とした免疫組織の構造と機能
・免疫組織のストローマ細胞の性質と機能
・生体イメージングを用いた免疫細胞の動態解析
・自己免疫疾患やアレルギー疾患における免疫細胞と組織環境
・がんのリンパ節転移における免疫応答と組織環境

法医学
Tel:2146

高塚尚和
お問い合わせはこちらから

・法医病理学
・法医画像診断学
・法医中毒学
・子どもの虐待とネグレクト
・歯科法医学
・死因究明に関係する法律学
上記の教育・研究内容は、「死因究明に係る高度専門職業人育成プログラム」の一環として実施します。

機能制御学
Tel:2156

神吉智丈
お問い合わせはこちらから

ミトコンドリアは細胞の活動に必要なエネルギーを作る重要な小器官です。ミトコンドリアの質や量が低下するとエネルギーが足りなくなり、細胞は正常に活動できなくなってしまいます。近年、ミトコンドリアは神経変性疾患や糖尿病など様々な疾患や老化と深く関連することが明らかになってきました。研究室では、ミトコンドリアの質や量がどのように維持されているかなど、ミトコンドリア機能と健康に関する研究を行っています。
・異常なミトコンドリアを排除するミトコンドリアオートファジーと呼ばれる現象の分子機構の解明
・ミトコンドリアオートファジーの生理的意義の探索
・ミトコンドリアが原因となる疾患の治療法開発
・新しいミトコンドリア解析技術の開発

腎構造病理学
Tel:2152

問合せ先
准教授 矢尾板永信
お問い合わせはこちらから

・細胞間接着装置と細胞骨格を中心とした腎糸球体上皮細胞特性の解析
・腎糸球体上皮細胞の培養法の確立
・腎糸球体上皮細胞を中心とした糸球体構築の解析
*当分野は、医歯学総合研究科附属腎研究センターに属する分野で主に細胞生物学的手法により腎臓病克服に向けた研究を行っている。

腎分子病態学
Tel:2160

河内 裕
お問い合わせはこちらから

研究内容
・腎臓の解剖生理学
・腎疾患の病理診断法
・腎疾患モデル動物の作成法
・腎固有細胞の培養法
・慢性腎臓病の発症・進行メカニズムの解明
・慢性腎臓病の新規治療法・診断法の開発
・腎臓病と他臓器疾患発症との共通メカニズムの解明
・腎臓の濾過ユニットである糸球体の発生、成熟機構の解明
・糸球体の濾過機能の異常により起こる蛋白尿の発症メカニズムの解明
・腎局所におけるレニン・アンジオテンシン系の機能、病態形成における役割の解明
*当分野は、医歯学総合研究科附属腎研究センターに属する分野で腎臓病克服に向けた基礎研究を行っている。
教育方針
腎臓分野での研究を通じ、研究倫理、実験法の基礎、実験結果の分析法などを指導する。また学会発表、論文発表法の指導を行い、2年間で研究者としての基盤ができるように教育する。

総合医学教育学
Tel:0273

鈴木利哉
お問い合わせはこちらから

医学教育分野
・医学教育カリキュラム研究
・医学教育教授法研究
・医学教育学生評価法研究
・シミュレーション医学教育研究
・医学教育認証評価研究
・医学教育量的研究・質的研究
日本医学教育学会大会、世界医学教育学会(AMEE)等の学会で研究成果を発表します。

循環器内科学
Tel:2182

南野 徹
お問い合わせはこちらから

・老化に関する基礎・臨床研究
・生活習慣病に関する基礎・臨床研究
・心血管の再生医療に関する基礎・臨床研究
・動脈硬化症疾患に関する基礎・臨床研究
・不整脈の発症機序と治療に関する基礎・臨床研究
・心不全の発症と進展に関する基礎・臨床研究

血液・内分泌・
代謝内科学
Tel:025-368-9026

曽根博仁
お問い合わせはこちらから

・自分が勉強してきた専門分野を活かして、医療現場に役立つ研究をしてみたいと思いませんか?生活習慣病・動脈硬化分野(糖尿病、高血圧など)と腫瘍(白血病・悪性リンパ腫など)の両方に、多分野からの研究参加者を募集中です。
・看護師、保健師、臨床検査技師、薬剤師含む薬学、栄養士含む食物食品学、運動療法士含む体育学系、臨床心理士含む心理学系、教育学系、生物学系、数学・統計学・情報学・工学系、経済学系など多くの分野出身者と、自分の専門背景を活かした、患者さんと医療現場に役立つ研究が可能です。
・たとえば予防・予測(医療ビッグデータやゲノムデータの解析、人工知能AI)や心理面も含む全身治療(例:食事・運動モチベーション、運動による予防・治療、患者教育)、医療経済、生活習慣病(エネルギー代謝、炎症など)や腫瘍(遺伝子異常、幹細胞、免疫療法、分子標的療法など)の細胞分子生物学的メカニズムの解明など、具体的テーマは希望に応じて幅広く対応可能なのでメールで相談してください。
・細胞治療認定管理師、臨床培養士などの受験資格も取得可能です。

腎・膠原病内科学
Tel:2192

成田一衛
お問い合わせはこちらから

・腎疾患・高血圧に関する研究
・原発性糸球体腎炎に関する研究
・糖尿病・メタボリック症候群に関する研究
・糖尿病性腎症の発症と進行に関する研究
・腎不全の治療に関する研究
・腎不全に伴う貧血の研究
・腎機能低下に伴う骨・ミネラル代謝異常の研究
・リウマチ・膠原病 ・アレルギー疾患に関する研究
・免疫不全と感染症に関する研究

呼吸器・感染症内科学
臨床感染制御学
Tel:025-368-9321

菊地利明
お問い合わせはこちらから

・肺がん幹細胞を標的とした新規治療法の開発
・肺がん化学療法時の腎障害予測因子の開発
・気管支喘息の舌下免疫療法の開発
・抗インターフェロンγ自己抗体の臨床的解析
・炎症性肺疾患における元素分析
・抗ミトコンドリア抗体と呼吸不全との関連解析
・非結核性抗酸菌症の分子疫学的解析

消化器内科学
肝臓病学
Tel:2202

寺井崇二
お問い合わせはこちらから

・消化器疾患に対する修復再生療法の開発研究
・消化器疾患に対する遺伝子治療に関する研究
・消化器疾患の進展における免疫学的関与に関する研究
・消化器癌の病態生理に関する研究
・消化器疾患の代謝炎症の関する研究
・消化・吸収・代謝制御に関する研究
・栄養・サルコペニアに関する研究
・腸内細菌と生体制御に関する研究
・消化管運動、血流に関する研究
・消化器疾患の内視鏡学診断、治療に関する研究
・生体材料(バイオマテリアル)の臨床応用に関する研究
・消化器疾患に関する尿プロテオミクス研究
・ヘリコバクター・ピロリ関連胃病変に関する研究
・ウイルス性肝炎の治療法に関する研究
・胆道、膵悪性腫瘍の遺伝子診断に関する研究
・Undiagnosed diseaseに関する研究

分子精神医学
精神医学
Tel:2209

染矢俊幸
お問い合わせはこちらから

・臨床精神薬理学
・精神疾患の分子遺伝学
・Neuroimaging
・発達精神医学
・分子神経生物学
・精神科診断学
・心理教育

小児科学
小児保健学
Tel:2222

齋藤昭彦
お問い合わせはこちらから

・新生児・未熟児の発達生理に関する研究
・小児腎疾患に関する研究
・分子生物学的研究(悪性腫瘍、循環器、腎、内分泌、感染症など)
・小児生活習慣病に関する研究
・小児感染症、特にウイルス感染症に関する研究

腫瘍外科学
消化器・一般外科学
Tel:2228

若井俊文
お問い合わせはこちらから

・腫瘍外科学
・外科代謝・栄養学
・肝移植・膵移植と免疫学
・癌特異的蛋白質に関する研究
・細胞の不死化と腫瘍形成に関する研究
・癌の浸潤能および転移能に関する研究
・蛍光免疫染色を用いたDNA損傷修復の解明
・抗癌剤耐性機序の解明

呼吸循環外科学
Tel:2240

土田正則
お問い合わせはこちらから

・肺癌の臨床病理学的研究
・心臓外科における機能評価解析
・血管疾患の分子・病理学的研究
・外科治療と血液凝固異常の研究
・肺移植の基礎研究

整形外科学
リハビリテーション医学
Tel:2269

遠藤直人
お問い合わせはこちらから

・運動器の修復・再生に関する研究
・骨・関節のバイオメカニクスの研究
・脊椎・脊髄疾患の病態と治療の研究
・手の外科の研究
・骨・軟部腫瘍の研究
・関節リウマチの病態と治療の研究
・運動器リハビリテーションとQOLの研究
・骨粗鬆症、骨代謝に関する研究
・生活設計、生活支援に関する研究
・スポーツ医学に関する研究
・四肢、骨盤、脊椎・脊髄の外傷に関する研究
・小児運動器疾患に関する研究

形成・再建外科学
Tel:2593

松田 健
お問い合わせはこちらから

・微小外科の研究
・四肢再建外科の研究
・頭頸部再建の研究
・末梢神経再生の研究
・顎顔面外科の研究
・唇裂・口蓋裂の研究
・胸壁・乳房再建の研究
・同種組織移植の研究

小児外科学
Tel:2256

問合せ先
講師 小林 隆
お問い合わせはこちらから

・新生児先天性外科疾患のQOL向上を目指した外科治療の開発
・小児の固形悪性腫瘍治療成績向上のためのNiigata Tumor Board研究
・小児に適切な術前・術後の輸液・栄養管理の検討
・小児期肝胆道外科疾患の病態解明と至適外科治療法の開発
・小児における鏡視下手術の適応拡大と新規術式の工夫
・小児における新規薬物療法(bFGF、漢方)の開発
・消化管運動機能異常症の病態と生理
・消化管運動機能異常症の新しい治療としての腸管ペーシング
・仙骨部高頻度磁気刺激法を用いた骨盤臓器機能回復のための神経調節
・形状記憶合金コイルを用いた人工気管の開発

皮膚科学
Tel:2282

阿部理一郎
お問い合わせはこちらから

・毛組織の研究
・毛組織関連遺伝子発現の研究
・皮膚電子顕微鏡学
・皮膚アレルギー学
・皮膚遺伝性疾患の研究

腎・泌尿器病態学
分子腫瘍学
Tel:2284

冨田善彦
お問い合わせはこちらから

・腎の構造と機能
・泌尿器科学一般
・泌尿生殖器腫瘍の基礎と分子生物学
・泌尿生殖器腫瘍の治療
・泌尿器生理学と神経学
・尿路形成手術
・泌尿器科内視鏡学
・アンドロロジー
・腎移植と腎機能再建

眼科学
Tel:2296

福地健郎
お問い合わせはこちらから

・緑内障の病態解明と治療法の開発に関する研究
・眼科手術学とレーザー治療に関する研究
・眼感染症と化学療法、眼薬理学
・眼病理学
・神経眼科学
・小児眼科学
・臨床視覚電気生理学
・視機能とQOLの研究
・緑内障患者のロービジョンケアの研究

耳鼻咽喉・
頭頸部外科学
Tel:2303

堀井 新
お問い合わせはこちらから

・平衡神経科学
・神経耳科学
・側頭骨外科学
・鼻科学
・口腔咽頭科学
・音声言語学
・頭頸部外科学
・頭蓋底外科学
・喉頭・気管・食道科学

腫瘍放射線医学
機能画像医学
Tel:2315

青山英史
お問い合わせはこちらから

・放射線照射の精度が治療結果に与える影響に関する数式モデルを用いた研究
・放射線照射の線量分割の違いがQOLや認知機能に与える影響に関する研究
・転移性脳腫瘍における定位照射併用時の全脳照射法最適化に関する全国多施設共同研究
・前立腺癌の強度変調放射線治療、小線源治療後の予後・QOLに関する研究
・画像誘導による照射精度向上に関する研究
・肺腫瘍の画像診断に関する研究
・循環器疾患の新たな画像影像法の応用に関する研究
・画像診断手技を用いた種々の治療法に関する研究
・中枢神経疾患の画像診断に関する研究

生殖器官制御
生殖医学病態解析
Tel:2317

榎本隆之
お問い合わせはこちらから

・婦人科癌の遺伝子診断・新規原因遺伝子の同定
・婦人科癌・子宮内膜症の分子生物学的研究
・生活習慣病の発症・予防に関する分子生物学的解析
・不育症と同種免疫
・胎児出生前診断
・男性不妊、顕微受精

麻酔科学
Tel:2323

馬場 洋
お問い合わせはこちらから

・麻酔薬の作用メカニズム
・急性痛のメカニズムと術中術後痛管理
・神経障害性痛のメカニズムと治療法
・臨床神経生理・神経病理(術中神経系モニタリング)
・臨床呼吸循環生理(術中呼吸循環モニタリング)

救命救急医学
Tel:2338

遠藤 裕
お問い合わせはこちらから

・救急医療体制に関する研究
・病院前診療に関する研究
・重症患者管理に関する研究
・器械的臓器補助に関する研究
・生体信号とモニタリングに関する研究

腫瘍内科学
Tel:025-368-9004

西條康夫
お問い合わせはこちらから

・腫瘍内科学一般
・がん薬物療法、特に分子標的治療に関する研究
・iPS細胞を用いた臓器再生に関する研究

分子・診断病理学
分子・病態病理学
Tel:2093

味岡洋一
お問い合わせはこちらから

・食道癌、胃癌、大腸癌の発生と生長様式の解明
・潰瘍性大腸炎、クローン病などの炎症性腸疾患に発生する大腸・小腸癌に関する多角的研究
・癌の悪性度診断の精度向上に関する研究
・外科病理診断学
・計量形態診断学
・食道癌、胃癌、大腸癌の内視鏡画像診断の向上のための基礎的研究

生殖医学病態解析
Tel:2320

高桑好一
お問い合わせはこちらから

・不育症と同種免疫
・生殖異常と自己免疫異常
・妊娠高血圧症候群の病態と免疫異常
・生殖異常と遺伝子多型

薬剤評価学
Tel:2248

外山 聡
お問い合わせはこちらから

・薬物投与設計(オーダーメイドの薬物治療を含む)
・臨床試験(治験を含む)
・薬剤経済学
・薬物治療とリスクマネジメント(副作用および有害事象を含む)
・ドラッグデリバリーシステムと薬効

情報科学・統計学
Tel:2471

赤澤宏平
お問い合わせはこちらから

・臨床試験デザイン立案の理論と実践
・医学統計学の解析手法と解析事例の検討
・生存時間データ解析の理論の習得
・電子カルテシステムの設計と導入効果の評価
・医療経済・費用対効果分析の実践
*医療情報技師、統計士、統計検定、データマネジャー等の資格取得・検定の指導・助言も行います。

トランスレーショナルリサーチ
臨床免疫学
Tel:0847

中田 光
お問い合わせはこちらから

@サイトカインに対する自己抗体が原因である肺胞蛋白症について、カニクイザルの疾患モデルを用いて、自己抗体の産生機序を解明する。
AGM-CSF自己抗体の重鎖、軽鎖遺伝子の親和性成熟の過程を次世代シークエンスとバイオインフォマティクスにより解明する。
B慢性炎症の発症・進展機構をマウスモデルを用いて解明し、自己免疫性疾患などの難治性疾患の新規治療法を探索する。

総合診療医学
Tel:0718

問合せ先
准教授 長谷川隆志
お問い合わせはこちらから

・全人的医療の実践に関する研究
・卒前医学教育・卒後臨床研修・後期専門研修・生涯医学教育の一貫性に関する研究
・多職種連携・チーム医療に関する研究
・Common Diseases、プライマリ・ケアに関する研究

分子神経生物学
Tel:0613

那波宏之
お問い合わせはこちらから

脳の発達とその障害における分子神経生物学
@シナプス分化・発達を調節する神経栄養因子とそのシグナルの実態解明
Aドパミン神経の発火特性変化とその調節因子の研究
Bサイトカインを用いた精神神経のモデル動物の作製とその機能評価
C統合失調症の脳内遺伝子発現変化とその原因究明
D新規の抗精神病薬の探索と評価

細胞神経生物学
Tel:0620

問合せ先
准教授 阿部 学
お問い合わせはこちらから

・基礎神経化学
・分子神経生物学
・組換えDNAの原理と応用
・タンパク質生化学
・発生工学の基礎と応用
・ES細胞の培養法
・ノックアウトマウス作成の実際
・基礎的電気生理学
・神経系の形態学
・マウス行動解析の実際
・シナプス機能分子の解析
・疾患動物モデルの解析
本分野では、遺伝子工学と発生工学を駆使した脳機能解析モデル動物を系統的に作出しており、内外の研究者達と共同で解析を進めている。その環境で神経科学の基礎と遺伝子改変動物の作製法を学ぶことができる。詳細は部門のホームページを参照のこと。

システム脳生理学
Tel:0613

問合せ先
分子神経生物学
教授 那波宏之
お問い合わせはこちらから

・大脳皮質感覚野の機能解析
・大脳皮質連合野の機能解析
・光学的脳機能イメージングの研究と開発
・行動学的解析法の研究と開発
我々は、マウスの脳機能(特に大脳皮質の感覚野と連合野)の解析法の開発に取り組んでいます。主に光を用いたフラビン蛋白蛍光による脳機能解析、2光子顕微鏡を用いたニューロンレベルの解析、蛋白蛍光プローブを用いた解析などを中心に研究しています。またマウスの行動学的解析によって、複雑な高次機能を解析する方法の研究にも取り組んでいます。脳機能を直接個体レベルで解析し、目に見える形で直感的に研究する方法を学びたい人に適している研究室だと思います。興味のある人は、気軽に左のメールアドレス宛てに連絡して下さい。

神経病理学
Tel:0641

問合せ先
准教授 豊島靖子
お問い合わせはこちらから

・神経変性疾患(アルツハイマー病、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症など)の病理学
・脳発生のメカニズムとその異常(てんかん、統合失調症など)の病理学
・神経疾患の分子・細胞病理学
・脳腫瘍外科病理診断学

脳神経外科学
Tel:0650

藤井幸彦
お問い合わせはこちらから

・脳機能温存の研究
・脳機能再構築の研究
・脳卒中後の機能回復メカニズムの研究
・機能的脳疾患の病態・治療
・脳腫瘍の病態・治療
・脳血管障害の病態・治療

神経内科学
Tel:0663

小野寺 理
お問い合わせはこちらから

・脳神経疾患の病態に基づいた治療方法を開発します。
・対象とする疾患は、脳梗塞、認知症、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、パーキンソン病などを対象とします。
・ヒト脳組織を分子生化学的に解析します。
・マウス、魚、ハエ等のモデル動物を柔軟に用います。
・脳神経回路の再編と再生を目指した研究をします。

脳機能解析学
Tel:0676

問合せ先
生体磁気共鳴学分野
教授 五十嵐博中
お問い合わせはこちらから

・機能的磁気共鳴画像法を用いたヒト脳高次機能の研究
・磁気共鳴分光法を用いたヒト脳代謝の研究
・拡散磁気共鳴画像を用いたヒト脳の微細構造の研究
・偏微分方程式モデルを用いたヒト脳機能の研究

生体磁気共鳴学
Tel:0676

五十嵐博中
お問い合わせはこちらから

・核磁気共鳴法を用いた脳の水動態の研究
・磁気共鳴分光法を用いた脳代謝の研究
・超変極磁気共鳴分光法の生体応用

脳病態病理学
Tel:0673

柿田明美
お問い合わせはこちらから

・剖検による脳神経疾患の臨床病理学的研究
・標本リソースを用いた神経精神疾患の病態病理学的研究
・脳腫瘍やてんかん原生脳病巣の病態病理学的研究
・神経変性疾患や神経免疫疾患の病態病理学的研究
・発生発達期脳障害の病態病理学的研究

神経病因遺伝学
Tel:2343

池内 健
お問い合わせはこちらから

・アルツハイマー病を中心とした認知症のトランスレーショナル研究
・患者由来試料(脳脊髄液・血液)を用いたバイオマーカーの開発研究
・次世代シーケンサーを用いた大規模ゲノム疾患解析研究
・神経疾患の遺伝子診断・解析
・神経疾患生体試料バンクの構築と運用

発生・生殖工学
Tel:2163

笹岡俊邦
お問い合わせはこちらから

・ドーパミン等の神経伝達物質とその特異受容体に着目し、ヒトの運動調節や学習記憶の仕組みを明らかにする。
・遺伝子工学技術・発生工学技術を用いて遺伝子操作動物を作成し、ヒトの疾患モデル動物を開発する。
・認知症について多い神経疾患であるパーキンソン病の病因の解明と新規治療法の開発を目指した研究を行う。
・実験動物の発生工学技術と生殖工学技術を確立し、研究推進に努める。
・実験動物における胚・配偶子の凍結保存に関する研究を行なう。
・マウス胚バンクにおける基礎技術の開発と改良を行なう。

分子神経疾患資源
解析学

 

※今年度募集なし

災害医療分野
Tel:2033

センター長 牛木辰男
sp
問合せ先
特任教授 高橋 昌
お問い合わせはこちらから

・災害医学一般
・災害時の情報管理学(ソフトウエア・ハードウエア)
・災害教育学(シミュレーション医学教育)
・心肺蘇生法の教育理論と教育成果判定に関する研究
・災害医療の多職種・地域への普及に関する研究
・災害時ロジスティクスに関する研究
・災害薬事に関する研究
・国際災害支援に関する研究

sp sp sp
sp

教育研究分野

指導教員(准教授)

教育研究内容

神経発達学
Tel:2356

杉山清佳
お問い合わせはこちらから

経験が脳の発達を促すメカニズムの解析
・脳の発達期(臨界期)を制御する遺伝子群の研究
・幼児期における視覚・情動の機能形成機構の研究
・脳の柔軟性を大人で再現するための方法を研究

バイオインフォーマティクス
Tel:0390

奥田修二郎
お問い合わせはこちらから

・腸内細菌叢のメタゲノムデータの解析手法の研究
・腸内細菌叢の相互作用と疾患因子の関連についての研究
・がんゲノムデータの解析手法の研究
・リン酸化サイトの比較ゲノム研究
・各種オミクスデータのデータベース構築

sp sp sp
sp

連携大学院(客員教授)

教育研究分野

指導教員(教授)

教育研究内容

先端分子病態学

鎌田 正
お問い合わせはこちらから

(独)放射線医学総合研究所
重粒子医科学センター病院
・重粒子線治療法の確立に関する研究

先端分子病態学
Tel:03-5316-3337

田中啓二
お問い合わせはこちらから

(公財)東京都医学総合研究所
・細胞内タンパク質分解機構に関する分子から個体レベルに至る包括的研究
・ユビキチン代謝系とその異常によって発症する疾病の機構解明
・プロテアソームの構造と分子及び生理に関する研究、特にガン、神経変性、免疫の基礎と病態研究

先端分子病態学
Tel:03-6834-2390

池田和隆
お問い合わせはこちらから

(公財)東京都医学総合研究所
・依存症のゲノム解析、行動薬理学的解析、臨床応用研究
・疼痛脆弱性および鎮痛薬感受性のゲノム解析、行動薬理学的解析、テーラーメイド医療への応用
・自閉症、AD/HDなどの発達障害の行動薬理学的、分子生物学的研究
・快・不快情動の分子メカニズム研究

先端分子病態学
Tel:03-5316-3311

吉川欣亮
お問い合わせはこちらから

(公財)東京都医学総合研究所
・哺乳類遺伝学を基盤とした視聴覚疾患の発症に関与する遺伝子群の同定と解析
・ヒト疾患モデルマウスの樹立による個体レベルでの疾患発症機構の解明

先端分子病態学
Tel:03-6834-2373

西村幸男
お問い合わせはこちらから

(公財)東京都医学総合研究所
・人工神経接続による脳機能再建法の開発とその臨床応用
・脳脊髄損傷後の機能回復メカニズムの解明
・意欲・情動による身体運動制御の神経メカニズムの解明
・行動制御を支える前頭葉、大脳基底核、小脳の構造と機能

sp sp sp

修士課程案内に戻る


sp
sp